山田鋳造鉄工株式会社,やまだちゅうぞう,鋳造,鉄工,金型鋳造,アルミ,試作,アルミ鋳造,インサート鋳造,アルミニウム合金鋳造部品の製造,アルミニウム合金鋳造部品の加工,アルミニウム,香川県,丸亀
豊かな経験、確かな製品、創造への挑戦
沿革
1918年  香川県丸亀市に初代社長 山田兼松が鉄工業開設 農業、船舶用内燃機関の
       製造販売を営む
1928年  佐賀県瀬戸市に分工場開設 販売修理を行う
1935年  香川県坂出市に鋳造工場を開設
1944年  丸亀市、坂出市の工場を現在地 丸亀市港町に移転統合
1946年  戦時下の陸、海、空軍の管理が解かれ、漁船用内燃機関の製造を主力に再開
1957年  農業用内燃機関の製造中止、工作機械の製造開始
1960年  光洋精工高松工場のボールベアリング旋削開始、漸次内燃機関の製造を縮小する
1961年  資本金500万円 株式会社に変更 山田兼松 代表取締役社長となる
1965年  資本金1,000万円 増資 鋳造工場合理化実施、静電塗装工場開設、
       ピローブロック生産開始
1966年  工作機械の製造中止
1973年  発泡スチロール成型工場開設 魚箱生産開始
1975年  製造工場の造型機を高圧自動造型機ハンターラインに改設、生産の合理化実施
1976年  代表取締役社長 山田兼松は会長に就任し、山田文夫が二代目社長に就任
1978年  資本金 1,500万円 増資
1982年  アルミニウム合金砂型鋳造 生産開始
1983年  アルミニウム合金金型鋳造 生産開始
1994年  ATC付きCNCフライス盤 1台導入
2005年  鋳造工場を新築、発泡スチロール部門を分離
2012年  代表取締役社長 山田文夫は会長に就任し、山田俊文が三代目社長に就任
2013年  可傾式重力金型鋳造機を2台増設
発動機
昭和20年代製造 2.5馬力 中速軽油発動機
当社で現有する最古の発動機
カタログ
昭和30年代発行 舶用小型焼玉機関カタログ
12馬力 連続最大出力 20馬力
ページ先頭へ
copyright© Yamada-Casting All Rights Reserved